2012年02月16日

確定申告情報

本日(2月16日)より、平成23年度分の所得税確定申告の受付が開始しました。

そこで、意外と間違えやすいポイントを掲載します。「医療費控除」についてです。

医療費控除は、【10万円以上の支払いがないと控除できない】と思っている方はいませんか?

正確には、

実際に支払った医療費の合計額 - 保険金などで補てんされる金額 - 10万円(or総所得金額等5%の金額のどちらか少ない方の金額)です。

最後の‘10万円(or総所得金額等5%の金額のどちらか少ない方の金額)’がポイントです。

具体的には、給与所得のみで収入が約311万以下の方は、医療費が10万円以下でも、計算次第で医療費控除が適用できる場合があります。

≪例≫ 支払医療費9万円 給与収入200万円(所得金額122万円)→所得控除後の所得金額早見表参照

    122万円×5%=61,000円 

    90,000円 - 61,000円 =29,000円が医療費控除対処となります。

医療費の領収書がある方は、今一度確認してみましょう!

詳しくは国税庁HPで。