ちょっと考えてみませんか?将来と相続について。

相続税はなぜ課税されるのでしょうか。個人で所得税を払って築いてきた財産にまた税金がかかるの?と思われる方もいると思います。日本では①相続財産は不労所得であるため高い税率を課税される、②特定の人に財産が集中しないように富の分配を図るといった意味があり、相続税が課税されています。

相続は事前に対策を知っているかどうかで、相続人に遺す財産も変わってきますし、争続回避にもつながります。しかしながら、相続が始まってから事前にあれをしておけばよかった・・・、もしくは対策ができた事も何も知らないままに相続をむかえるといったケースがほとんどです。

そんな中、改正された相続税法が平成27年1月1日より施行されました。大きな改正点は基礎控除額の引き下げです。

「自分は財産もないし、相続税は関係ないわ・・・」と相続に対する興味を持たない方もいると思います。しかし実際は、対策が必要である場合もあります。

こういったケース・お悩みはないでしょうか

  • 特定の誰かに多く財産を残したい
  • 争続を避けたい
  • 市街地に田畑がある(予想以上に評価額が高くなるケースがあります)
  • 家族名義の生命保険・損害保険が自分の口座より引落になっている
  • 家族に贈与税の非課税枠内(110万円)でお金を贈与しているが、贈与を受けた人の口座のハンコ・通帳を自分がもっている
  • 遺産整理はどうしたらいいの?

ちょっと考えてみませんか?

当事務所では、事前対策提案、申告実績、税務調査実績の経験により、ご家庭が円満に相続を迎えられることができるようにサポートさせていただきます。
まずは、本人様の意思と個人財産の把握からがスタートです。
当事務所は、完全個別対応、相談は無料とさせていただいております。
お気軽にご連絡くださいませ。

メールでのお問い合わせはこちらをクリック